Q-SANでんきトップスライド

電力供給の仕組み 改訂2



今までとどこが変わるの?

電力小売全面自由化後も、物理的な電力供給の仕組みには原則変更はありません。
電力は、図の通りの経路をだどり、各家庭まで供給されています。
また、電力の供給システムは
(1)発電部門
(2)送配電部門
(3)小売部門
の大まかな3つの部門に分類されます。Q-SANでんきは、小売部門となります。


denki_img001※赤枠内の(低圧)消費者への小売が2016年4月に自由化となりました。



(1)発電部門とは

水力、火力、原子力、太陽光、風力、地熱などの発電所を運営し、電気を作る部門です。



(2)送配電部門とは

発電所から消費者(各ご家庭を含む)までつながる送電線・配電線などの送配電ネットワークを管理します。物理的に電気を家庭に届けるのは、この部門の役割です。また、ネットワーク全体で電力のバランスを調整し、停電を防ぎます。



(3)小売部門とは

消費者(各ご家庭を含む)と直接やりとりをし、料金メニューの設定や、契約手続などのサービスを行います。また、消費者が必要とするだけの電力を発電部門から調達するのも、この部門の役割です。


⇒電力自由化により、小売部門において、新たに事業者が自由に参入できるようになりました。


発電部門はすでに原則参入自由ですが、送配電部門は安定供給を担う要のため、電力小売全面自由後も引き続き、政府が許可した企業(各地域の電力会社(九州電力等))が担当します。そのため、どの小売事業者から電気を買っても、これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気は届けられるので、電気の品質や信頼性(停電の可能性など)は変わりません。


なお、もし小売部門の事業者が、契約している消費者が必要とするだけの電力を調達できなかった場合 には、送配電部門の事業者がそれを補い、消費者にきちんと電力が届くように調整されています。



でんきの品質とは・・・

ある発電所で発電した電気は送電線の中で他の発電所で発電した電気と混ざり、需要家に届きます。
これは複数の蛇口(=発電所)からプール(=送電線)に注がれた水(=電気)が、プールの中で混ざり合う考え方と同様です。
家庭で電気を使い際には、プールで混ざり合った水が水道から出てくることと同様に
どの発電所で発電された電気か区別されずに届けられることになります。
上記のようなことから、契約上、新電力から電気を買ったからといって、それが理由で「停電しやすくなる」ということはないのです。



denki_img002

電気代は安くなるの? 改訂2

denki_img004

※九州電力(従量電灯B)との比較となります。(2019年10月現在)

※削除金額は統計値に基づくシュミレーションであり、効果を保証するものではありません。

※試算には燃料費調整額、再生可能エネルギー賦課金、口座割引は含まれておりません。

※従量電灯Cをご契約のお客様は別途試算させて頂きます。




simulation_button01.png

simulation_button01.png






電気料金の仕組み 改訂2

電気料金の仕組み 内容





denki_title04

STEP1
現在ご契約の電気料金明細書「電気ご使用量のお知らせ」を
ご用意ください。
簡単料金比較でメリットを確認いただきます。
申込書に記入していただくだけで費用はかかりません。
 

矢印

STEP2
スマートメーターが設置されていない場合は
メーター交換します。
メーター交換は九州電力が行います。 ※交換の際、停電する場合があります。 交換には費用はかかりません。

矢印

STEP3
お申し込み頂いた月から約2ヶ月後の
現在ご利用の電力会社の検針日より開始されます。 ※切り替え確定日を後日郵送いたします。


simulation_button02.png