Q-SAN 九酸・直方ガス企業グループ

凍結対策について

給湯器配管が凍結している場合の対応
1.水栓からお湯が出ない場合

freeze8
直ぐに給湯器を使わない場合は自然に凍結している部分が溶けるのを待ってください。
お湯を出そうと操作して最初に出る水すら出ない場合は、給湯器配管が凍結している可能性が高いです。
直ぐに給湯器を使いたい場合は、保温されていない部分が凍結している可能性が高いので、その部分にタオル等を巻き、タオルの上から30℃~40℃程度のぬるま湯をかけて溶かします。
熱湯をかけると配管が破裂する恐れがあります。絶対に熱湯はかけないでください。
freeze9
凍結が解消したらタオル等を外し、配管に残った水を乾いた布でふき取ってください。直ぐに給湯器を使わない場合は自然に凍結している部分が溶けるのを待ってください。給湯器やその付近より水が漏れている場合はご連絡ください。

2.水栓からお湯も水も出ない場合

全ての水栓を閉めた状態で水道メーターを確認してください。
メーターが回っていなければ水道管凍結の可能性があります。メーターが回っていれば漏水の可能性があります。点検調査いたしますので、ご連絡ください。

お問い合わせ

直方ガス株式会社

0949-22-2496

筑豊団地ガス株式会社

0949-24-6752

株式会社小竹ガス商会

09496-2-0425

有限会社筑穂プロパン

0948-72-1225

株式会社Q-SANリフォームおがわ

0949-23-2525

株式会社九酸ガス住設

飯塚営業所

0948-22-6024

直方営業所

0949-22-0678

北九州営業所

093-632-8523

鞍手営業所

0949-42-1003

ガス給湯器凍結防止対策
1.凍結予防ヒーターの作動

image1
給湯器本体は内部の凍結防止ヒーターで保護されていますので、電源のコードは抜かないでください。

2.少量の水を流して凍結防止

image2
給湯器のリモコンの運転スイッチをオフにします。
image3
蛇口をお湯側に動かし、少量の水を流し続けることも給湯器の凍結防止になります。

1分間に少し大きめのコップ1杯(200CC)以上の水を流して下さい。

浴槽で受ければ後で使えて経済的です。

image4
2ハンドル(ツーハンドル)水栓
お湯のハンドルを少し開けて少量の水を流す
image5
サーモスタット混合水栓
Hの方に温調ハンドルを回した状態で少量の水を流す
3.露出配管への保温材巻きつけ

image6
下につながっているパイプは左からお湯、水、ガスです。
赤枠内のお湯と水のパイプの露出している部分が特に凍結しやすい箇所です。
image7
急に寒くなることが分かった場合は、お湯と水のパイプの露出部分にタオル等の布、新聞紙等を巻きつけ保温すると凍結防止効果があります。