TOP >  直方ガス株式会社 >  LNGサテライト供給

LNGサテライト供給

LNGサテライト供給

都市ガス供給エリア外のお客様にも、環境性、安全性、安定性に優れた、天然ガスをお使いいただくことが可能です。

サテライト供給の特徴

LNGの調達から供給まで弊社グループが実施します。
13Aまたは12A相当の天然ガスを北部九州へ供給します。
LNG供給設備については、弊社グループとして最適なシステムをご提案します。
事業所内にサテライト基地を建設致します。

LNGローリー販売

LNG基地からお客様工場内ガス設備までのフロー

サテライト設備

クリーンエネルギーLNGは、当社ローリー車により運ばれ、お客さまの敷地内に設けたサテライト設備で、LNGの貯蔵・気化を行い、気化ガスとしてご利用いただいています。

サテライト設備概要

サテライト貯槽設置選定表
A重油年間使用量(KL) LNG年間必要量
(t)
LNG使用量
(t/日)
標準設置貯槽容量(KL) 貯槽設置貯槽
貯蔵量(t)
必要設置面積(m2)
1,000 730 2.0 60 20.7 100
2,000 1,460 4.0 80 24.8 100
3,000 2,200 6.0 100 31.8 110
4,000 2,930 8.0 150 41.4 120
5,000 3,660 10.0 80×2
150
66.2
62.1
150
150
7,500 5,490 15.0 100×2 82.8 170
10,000 7,320 20.0 100×3
150×2 
クラスターCL300
124.2 350
300 
300
15,000以上 10,000以上 25.0以上 クラスター
CL400 
CL600  
CL800
150.0以上 600

サテライト設備の設置条件

LNGサテライト設備は、高圧ガス保安法が適用されます。
1. 製造設備としての許可申請

LNG貯槽を設置し、貯槽のLNG液面をガス加圧する場合は、高圧ガス製造行為となり、都道府県の許可を受ける場合もあります。

2. 保安係員などの選任

LNGサテライト設備には、気化器の能力に応じて高圧ガス製造保安責任者を選任する必要があります。
※条件によっては、第二種製造所または第一種貯蔵所(いずれも保安係員不要)としての取扱いも可能です。

3. 保安距離の確保

第一種・第ニ種設備距離
保安物件 X(kgまたはm3/日):貯蔵能力(kg)または製造能力(m3/日)の大きい値
0≦X<10,000 10,000≦X<990,000 990,000≦X
第一種設備距離(学校、病院等) 16.97 120
第ニ種設備距離(一般住宅等) 11.31 80

お問い合わせ

ご質問・ご相談は、お電話よりお気軽にお寄せ下さい。

九州酸素株式会社

ガス事業部本部
tel.0948-25-2134 / fax.0948-24-3255

株式会社九酸

本社・直方営業所
tel.0949-22-5555 / fax.0949-23-2307

飯塚営業所
tel.0948-22-0417 / fax.0948-25-7793

北九州営業所
tel.093-571-0831 / fax.093-581-1180

宮田営業所
tel.0949-33-4950 / fax.0949-33-4954

直方ガス株式会社

本社
tel.0949-22-2496 / fax.0949-24-3714