TOP >  株式会社九酸 >  UFB (ウルトラファインバブル)

UFB (ウルトラファインバブル)

株式会社ナノクスの正規販売代理店となりました。

ufb_12

そもそもUFB(ウルトラファインバブル)とは?

ウルトラファインバブルは、以前はナノバブルと呼ばれていました。一般社団法人ファインバブル産業会が国際標準化を目指し『ウルトラファインバブル』の呼称を提唱しています。UFB(ナノバブル)とは、”ファインバブル”(微細気泡の総称)のうち、直径がナノサイズ(1nm=10億分の1メ-トル)の気泡のことを言います。気泡が極少のために、UFB(ナノバブル)を発生させても肉眼では透明な水に見えます。マイクロバブル(1μm=100万分の1メ-トル)とは更に異なる特性を持ち、洗浄・殺菌作用をを有することが確認されています。

ufb_01

「ナノ(nano, 記号:n)は、基礎となる単位の10億分の1(10⁻⁹倍)の量を表す。
「ナノメートル(nano metre,記号nm)」=10億文の1メートル
1,000nm=1μm  1,000μm=1mm  1,000mm=1m
⇒ 10億分の1m 100万分の1mm    1,000分の1μm

浮かばない‥‥消えない泡 !!!

ufb_02

「ウルトラファインバブル(ナノバブル)」とは気泡直径が1,000nm(=1μm)より小さな気泡で、水中でも浮上することなく、ブラウン運動と呼ばれる不規則な運動をしながら数ヵ月以上の長期に亘って水中に滞在します。

Fine Bubble(マイクロバブル) の特性■ 10μmの気泡は1分間に3mm程度しか上昇しない
■ マイナスに帯電し、プラスに帯電した物質に付着
■ 自己加圧効果により効率的に気体を溶解

Ultra Fine Bubble(ナノバブル)の特性■ 浮上せずに水中でブラウン運動しながら長期間滞在
■ 高浸透力
■ 殺菌・抗菌作用
■ 生理活性作用、成長促進、生体活性化
■ 優れた洗浄力・除菌・脱臭

UFBの特徴
  • ①液中でブラウン運動(微細振動)をしながら、浮力の影響を受けずに液中に長時間滞在する (水中に6ヵ月以上留まった例も確認されております。)
  • ②微細気泡がマイナス電荷を帯びており、液体中の物質を吸着したり、材料表面に吸着しやすい 【気泡表面特性】
  • ③非常に微細な気泡の為、生物の酸素吸収が促進され、活性化されやすい 【生物活性作用】
  • ④従来の気泡では不可能な微細な隙間に侵入、個体面と付着物の接触面への浸透性が高く、汚れや臭いの元を吸着・剥離できる。 【微細構造物の洗浄性向上】
  • ⑤ナノサイズ微細気泡の為、液中での気液接触面積が拡大し、溶解・吸収等が高効率に行える。 【高吸収性】
  • ⑥見掛け溶存酸素量等が非常に高い溶液になる。 【高溶解性液体】
  • ⑦各種ガス(O2、N2、CO2、O3等)の気泡を液中に長期間・安定的に存在させることで、UFB含有水の機能向上や新しい効果を付与する事ができる。 【気体封入】
UFBの用途・活用可能分野
ufb_13
  • 1 農業農畜産物の成長促進・収穫増加(酸素UFB)
    液肥(酸素UFB)
  • 2 食品鮮度保持(酸素UFB、窒素UFB)
    弱酸性炭酸次亜水による殺菌・洗浄(炭酸UFB)
    酸化抑制(酸素UFB、窒素UFB)
  • 3 水産鮮度保持(酸素UFB、窒素UFB)
    水産物の成長促進、収穫増加(酸素UFB)
  • 4 洗浄生産ライン洗浄・食品工場床・配管洗浄等
    (空気UFB、弱酸性炭酸次亜水UFB)
    金属部品洗浄
  • 5 環境土壌浄化
    工場排水処理
    藻類除去
  • 6 その他炭酸風呂等

上記の事例は掲載事例の効果・実績を保証するものではありませんので、ファインバブル活用の検討にあたっては発生装置のデモ機等を活用の上、事前に効果を確認して下さい。

製品ラインナップ
静止型混合装置 ラモンドナノミキサー
  • ufb_03

    RNM030A-S

  • ufb_04

    RNM050A-S

  • ufb_06

    RNM050A-H/L

  • ufb_05

    RNM100A-H/L

撹拌装置 ラモンドスターラー
  • ufb_16

    RS100A

  • ufb_17

    RS050A

  • ufb_14

    NF-WP-S0.4LW

  • ufb_15

    80NXG-2.2

ウルトラファインバブル塩水処理器
ufb_10

新鮮保つ君

高密度ウルトラファインバブル発生装置

NQ-KP-M1.5CD